カー・ルージュに乗ろう!(10)

バスが再びゆっくりと動き始めました。 停留所では並木で一部分が隠れてしまっていたけれど、いよいよ凱旋門の全貌が明らかに! 圧倒的な大きさと高さを誇る建築は、間近でみるとものすごい迫力(^^*) スケールが大きいため、位置が近いと写真に収めづらいのが難点。 凱旋門の周囲を取り巻くロータリーは完全に車専用になっているので…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(9)

一方通行のリヴォリ通りを、他の車たちに流されながら進むことしばし。 再び開放的な空間にやってきました。 金色の鉛筆(?)が目印のコンコルド広場は先ほども南から北へと通過した場所だけれど、 今回は東から西の角度で通過するせいか思ったよりも新鮮な印象。 何故かというと・・・ 先ほどは角度的に見えていなかった エッフェ…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(8)

オペラ座を一周した後、 バスはオペラ広場やオペラ大通りなど見晴らしの良い空間から 少し細い道へと移動。 これからどこに行くんだろう・・・と考えながら車窓の景色を眺める こと数分。 遠く前方に、なにやら特徴的な 柱が見えてきました! あの緑色っぽくて、頂上に人物像を乗せた柱はもしかして・・・? …
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(7)

バスはオペラ座の正面を通り過ぎて右手の停留所へ。 ところで、これは 何でしょう? → 実はこの写真、 先行していたカー・ ルージュが停留所に停まっている様子を写したもの。 ※手すりから体を乗り出して写したわけではありません(^^;) 今回、管理人が乗っていたバスはあまり空席のない状態。 先着していたバスは…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(6)

だんだん正面に 近づいてきたのはギリシャ神殿風の作りが美しい マドレーヌ寺院。 思わず建築の美しさに見とれてしまうところだけれど、 今通過している ロワイヤル通りは 個性的で品の良いお店が並ぶ通り。 バスの進行速度的に、 車上からウィンドーショッピング・・・というのは難しいけれど。 それでも雰囲気は十分感じられ…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(5)

セーヌ沿いに走っていたバスは北へと進路を変えて、 開放的な空間に やってきました! 縦型信号の下にも表示が出ているけれど、ここはパリ市内でも最も大きく有名なコンコルド広場です(^^) 管理人の勝手な思い込みかもしれないけれど、多くの方は凱旋門を始点に シャンゼリゼ大通りを散歩してコンコルド広場にたどり着く・・・と想像。…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(4)

続いて左手に 見えてきたのは、 大きな二つの時計が目印:オルセー美術館。 美術館すぐ手前の道を通るため、写真に収める場合かなりの至近距離! 時計を含む建物の一部分を写すことだけで精一杯かも?(^^;) ここでバスはゆっくりと停車。 ノートルダム大聖堂の停留所から乗車した場合、 オルセー美術館前が初めての停留所。…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(3)

サン・ミッシェル広場を正面に眺めた後、カー・ルージュはセーヌ川沿いに西へ。 まず右側に見えてきたのは河岸に並ぶ緑の箱。 これはセーヌ河岸名物、ブキニストさん達の店舗! 残念ながらまだ早い時間だったため開店しているお店はみつからず、 謎の箱だけが並んでいるという状態・・・(^^;) せっかくなのでカー・ルージュ周遊と…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(2)

では、いざ乗車してみましょう♪ 今回乗車するのは前述したノートルダム大聖堂の停留所から。 カー・ルージュの いいところは、 2階部分での周遊ができるため普通に観光で眺める 景色よりも視点が高くなること。 位置が高い分、大混雑するようなモニュメントを写真におさめる場合でも 人ごみがあまり写らずにすむため、キレイな…
トラックバック:0

続きを読むread more

日仏交流150周年。

1858年、鎖国を行っていた日本は黒船来訪により開国を強いられ多くの国々と条約を結ぶことになりました。 その中に、フランスの存在も。 日本とフランスの間で結ばれたのは日仏修好通商条約。 当時の日本は鎖国を行っていたことで文化・技術面で他国に大幅な遅れを取っており、結果的に締結された条約は “修好” というには程遠い不平等な…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュに乗ろう!(1)

それでは、実際にカー・ルージュに乗ってみることにしましょう! せっかく市内を周遊しているバスなので、まずは一周してみることに。 停留所は何箇所かあるけれど、 個人的なオススメはノートルダム 大聖堂の停留所。 正面向かって左脇の道路に立っているせいか場所はちょっとわかりづらいけれど、停留所周辺には観光客向けの土産物屋…
トラックバック:0

続きを読むread more

カー・ルージュ (Les Cars Rouge)

パリの街を歩いていると頻繁に目にする2階建ての 真っ赤なバス。 緑色が目印の 市バスとは全く雰囲気が異なるし、普通の観光バスとも違って人が自由に乗り降りしているような・・・? 実はこれ、パリ市内の有名なモニュメントを繋ぐように走る 市内周遊バス:カー・ルージュ。 Cars(=車)、Rouges(=赤)というその名…
トラックバック:1

続きを読むread more

2008年 新年明けました。

Bonne annee! (明けましておめでとうございます!) 年が明け、新年がやってきました! 2007年は12年に渡る長い在位を誇ったシラク元大統領から、 新たにサルコジ大統領へと政権交代が行われた年。 親日家であったシラク元大統領の長い政権下で フランスが日本の文化などを広く受け入れてきたことは周知の事…
トラックバック:0

続きを読むread more

2007年クリスマス ~カルーゼル・デュ・ルーヴル~

日曜・祝日、曜日によっては夜間も営業している便利な ショッピングモール カルーゼル・デュ・ルーヴル。 入口は樹氷をイメージしたような(?) 白い樹が両脇に飾られていて、樹の幹にはピンク色の飾りがぶらさげられていました(^^) 中に入ってみると、 ← こんな感じ。 通路奥に見えるのは逆さピラミッド。 昼…
トラックバック:0

続きを読むread more

2007年クリスマス ~ヴァンドーム広場~

パリ市内で最も高級感漂う広場: ヴァンドーム広場を通りかかったところ ここも全体にクリスマス仕様が施されていました! メインとなるツリーがコチラ。 → オーソドックスなモミの木のツリーが目撃された年もあったようなので、 この広場は毎年飾りの雰囲気を変えているのかも? 今年はご覧の通り、シャンデリアを重ねたような白…
トラックバック:0

続きを読むread more

2007年クリスマス ~ノートルダム大聖堂~

2007年11月21日、 ぼんやりとノートルダム大聖堂の前に歩いてきたところ なんとなくいつもと雰囲気が違うことに気づきました。 人の姿がまばらな正面に近づいていくと、いつもは圧倒的な迫力を持って迫ってくる彫刻群がよく見えない・・・。 正面付近に何かあるような?? 気になってどんどん近づいて みたところ、やっとそ…
トラックバック:0

続きを読むread more

観覧車に乗ろう!(2)

それでは、実際に観覧車からの眺めを見てみましょう! こんな感じ(^^*)→ もともと見晴らしの良いコンコルド広場に設置されているため、少し高度が上がるとかなり 視界が開けます。 手前には楕円形を描くコンコルド広場ロータリーの全容。 南西にはセーヌ川とその奥に聳え立つエッフェル塔。 正面にはシャンゼリゼ大通りを走る…
トラックバック:0

続きを読むread more

観覧車に乗ろう!(1)

それでは、実際に観覧車に乗ってみることにしましょう! まずは観覧車の 正面中央、 「LA GRANDE ROUE de Paris」 と書かれた切符売り場へ。 切符を買ったら、 前の人に続いて もぎりの係員さんの所へ進みます。 乗り場が4箇所あるので、係員さんに 「この列に並んで!」と指差された方向に行けばOK…
トラックバック:0

続きを読むread more

観覧車 (La Grande Roue de Paris)

21世紀に入ったことを記念して、 一年間限定という謳い文句で パリ市内に設置された観覧車。 その後何度か渡航した時には 見かけることがなかったので “やっぱり完全撤去か~” と 残念に思っていたところ、何故か “見かけたよ!” という話を耳に することが度々あって個人的に かなり謎の存在でした(^^;) 実は…
トラックバック:0

続きを読むread more