カー・ルージュに乗ろう!(9)

画像一方通行のリヴォリ通りを、他の車たちに流されながら進むことしばし。
再び開放的な空間にやってきました。

金色の鉛筆(?)が目印のコンコルド広場は先ほども南から北へと通過した場所だけれど、
今回は東から西の角度で通過するせいか思ったよりも新鮮な印象。

何故かというと・・・

先ほどは角度的に見えていなかった
エッフェル塔を眺められる角度で再通過するから!なのです(^^*)

オベリスクとエッフェル塔が綺麗に写真に納まる絶好のシャッターチャンス。
“同じ場所を2度も通らなくても・・・” と思った方もきっと満足できる景色(のはず)


画像オベリスクの脇を
すりぬけるように、
バスはどんどん西へと進みます。

コンコルド広場に直結する西の通路はパリで最も有名な通り:シャンゼリゼ

コンコルド広場からシャンゼリゼ通りを歩いて行く場合、
緩やかな角度とはいえ上り坂になるのでちょっぴり辛い(^^;)

その点カー・ルージュならば坂道も関係なく、人ごみに翻弄されることもなく
純粋にシャンゼリゼの雰囲気を楽しめるのでなんとなくオトク感♪


画像大通りを西へと進む途中でふと左側を見てみると、なにやらちょっと変わった建物が。

ここは国立美術館
グラン・パレ

企画展専門の美術館なのでなかなか足を運ぶ機会がないけれど、鉄骨と
ガラスで作られたドーム屋根を持つ建物は一見の価値アリ(^^)


画像
グラン・パレを眺め終えた後、視線を進行方向に戻すと通りの先に四角い特徴的な建物が。


見えているのは
パリのモニュメントの中でエッフェル塔と1、2を争う有名どころ:凱旋門

この場所は大通りを2kmほど直進するため、景色はあまり代わり映えしないかも。

通り沿いのオシャレな店々を眺めて過ごすも良し、
刻一刻と近づいてくる凱旋門を見つめながらその大きさを肌で感じるも良し。

個人的には凱旋門を眺め続けるのがオススメ!
直進するバス上から連続写真を撮って、後で順番に眺めてみると・・・
凱旋門が近づいてくる臨場感を再び味わうことができます♪(^▽^)
     ・・・ビデオカメラ持参の方にはあまり意味がないですけども(^^;)


画像シャンゼリゼ大通りを最端まで進んだところで、バスが突如停車しました。

実はここ、
カー・ルージュの
凱旋門前停留所。

数ある停留所の中で最も分かりやすく観光にも便利な立地のせいか、かなりの乗降客の数。

・・・乗降が激しいということは、目当ての座席を確保するのに絶好のチャンスとも言えるかも!

既に乗車している方はより良い席へとポジション替えを。
これから乗ろうとしている方は、早めに並んでおけば
良い座席を確保できると思います(^^*)

この停留所で約15分~20分程停車した後、
バスに再びエンジンがかかりました。 次に見えるのはどんな景色かな?(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック