テーマ:サンテティエンヌ・デュ・モン教会

サンテティエンヌ・デュ・モン教会を眺めよう!(4)

教会の中を眺めながら歩いていると、正面向かって右手側になにやら意味深な扉が開いているのを見つけました! なんだろう?と思って進んでみると、そこには小さな売店が。 この売店の係員さん(?)は居たり居なかったりするので、何か購入したい!という場合はタイミングを見計らって声をかける必要があります(^^;) その売店の左手に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンテティエンヌ・デュ・モン教会を眺めよう!(3)

ジュべ脇の門を通り抜けると、 まばゆいばかりの祭壇が目に 入ってきました。 なんだかこの一角だけ豪華だなぁ・・・と思ってよくよく眺めてみると、ここは聖ジュヌヴィエーヴに 捧げるための祭壇なのだとか。 聖ジュヌヴィエーヴは420年頃~500年頃に実在した人物で、 中世の混乱期に異民族に翻弄されていた町を信仰と奇蹟で救っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンテティエンヌ・デュ・モン教会を眺めよう!(2)

それでは、実際に中に入ってみることにしましょう! 内部は窓の大きなゴシック建築が基盤。写真は夕方写したものなので陽の光が弱いけれど、窓が大きく撮られているので光が目に飛び込んでくる明るい雰囲気(^^) ここでふと気付くことが。 大抵の教会は入口から正面を眺めるとかなり奥まで見渡せるのに、この教会は奥行き中央くらいの位置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンテティエンヌ・デュ・モン教会を眺めよう!(1)

まずは外観を眺めてみることにしましょう♪(^^) 正面入口の前に立って仰ぎ見ると、 こんな感じ。 → 大小四つのバラ窓と、半浮き彫りの彫刻群。 彫刻の中に描かれている物語には、 イエス・キリストの復活の場面や この教会の名前の元となった 聖エティエンヌの殉教の場面が彫られている・・・のだとか。 遠目過ぎてあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンテティエンヌ・デュ・モン教会 (St. Etienne du Mont)

パンテオンの裏手に、 ちょっと風変わりな印象を受ける教会があります。 それがここ、 サンテティエンヌ・デュ・モン教会。 この付近は聖ジュヌヴィエーヴ(パリの守護聖女)の丘と呼ばれる場所で、彼女に捧げる修道院がこの場所に存在していました。 13世紀になるとその附属教会として聖エティエンヌに捧げる建物が作られ、1492年~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more