テーマ:ドラクロワ美術館

ドラクロワ美術館を眺めよう! ~建物編~

入口で日本語版パンフレットをもらったら、実際に建物を眺めてみることにしましょう(^^) 公開されているのは実際に居住していたアパルトマンと、作品の製作に没頭するため建てたアトリエ。 それと、小さいながらも画家自身が気に入っていた木々の生い茂る庭。 残念ながら建物内は撮影禁止だったので、庭から見た建物をご紹介♪ これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラクロワ美術館 ~ドラクロワについて~

1798年4月26日、パリ郊外で生まれたウジェーヌ・ドラクロワ (これは40歳頃の「自画像」、   ※ルーヴル美術館所蔵作品)。 早くに父母をなくし、身を寄せていた姉夫婦が経済的に破綻したことから、17歳という若さで自分の素養を生かし画家になることを決意。 親戚の知人だった新古典主義の画家:ゲランのアトリエへ入り、ゲラン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドラクロワ美術館 (Musee Delacroix)

サン・ジェルマン・デ・プレ教会の 程近く、洗練されたエリアの中に存在する一際閑静で魅力的な一角。 映画でも使われることがあるという小さな広場の片隅に ドラクロワ美術館 があります。 細い通りにも関わらず個性的なお店が並び、 メインストリートから一本入っているので静寂が保たれている心地よい場所。 画家が亡くなるま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more