テーマ:ニュース

日仏交流150周年。

1858年、鎖国を行っていた日本は黒船来訪により開国を強いられ多くの国々と条約を結ぶことになりました。 その中に、フランスの存在も。 日本とフランスの間で結ばれたのは日仏修好通商条約。 当時の日本は鎖国を行っていたことで文化・技術面で他国に大幅な遅れを取っており、結果的に締結された条約は “修好” というには程遠い不平等な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年 新年明けました。

Bonne annee! (明けましておめでとうございます!) 年が明け、新年がやってきました! 2007年は12年に渡る長い在位を誇ったシラク元大統領から、 新たにサルコジ大統領へと政権交代が行われた年。 親日家であったシラク元大統領の長い政権下で フランスが日本の文化などを広く受け入れてきたことは周知の事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年 新年明けました。

Bonne annee! (明けましておめでとうございます!) 年が明け、新年がやってきました! 2006年は雇用問題による若者の大規模デモや、 日本の名馬:ディープインパクトが世界のGI凱旋門賞でまさかの失格という 悲しいニュース(後者はかなり個人的な感想ですけども(^^;)などの起きた年でした。 反面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年 クリスマス

Joyeux Noel! (メリー・クリスマス!) 今年もイルミネーションの綺麗な季節がやってきましたね!(^^) パリの街はクリスマスイルミネーションで飾られ、 各家庭ではとブッシュ・ド・ノエルと七面鳥でお祝いをしているのかな? 2006年のクリスマスは、残念ながら管理人周辺に渡航した人がいなかったので 過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマータイム終了。

パリ現地時間の10/29午前3時、2006年のサマータイムが終了になりました。 来る冬へ向けて、時差は7時間から 8時間に戻ります (^^) サマータイムの終了は毎年10月の最終日曜日と決められているため、今年は29日。 世の中が寝静まったAM3:00になると、 フランスでは時計の針をAM2:00に戻します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブドウの収穫祭 (Fete des Vendanges)

パリ市内唯一のブドウ畑で10月初め行われる収穫祭。 2006年は10月6日(金)~8日(日)の3日間の予定で開催されています(^^) これは、ぶどう畑に掲げられていた収穫祭の予告広告→ 小さな畑なので、収穫したブドウからできるワインはボトルにして約1500本分。 そんなに小さい規模の畑にも関わらず行われるイベントは毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化遺産の日 (Journee du Patriomoine)

9月16・17日はフランスの 文化遺産一般公開日(^^) 1984年に始まってから現在に至るまで、普段は見学することのできない建物内を見学できることもあって2日間の公開日を楽しみにしているパリっ子たちが多いようです。 開催日は基本的に、9月の第3日曜日とその前日にあたる土曜日。 2005年の見学者数は1,200万人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツール・ド・フランス (Tour de France)

7月1日、フランス北東に位置する街ストラスブールからスタートを切って始まった自転車レースの最高峰 ツール・ド・フランス。 フランス国内を一周するように平地・山岳地を問わず各地を走り抜け、 20日間・約3500kmにわたって繰り広げられたレースが本日最終日を迎えます! 1903年に始まってから世界大戦中などに幾度か中止された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリ祭 (革命記念日)

7月14日、 今日はパリ祭と呼ばれるフランスの革命記念日! “パリ祭” という呼び方は日本だけで通じるもののようでフランスでは「14 Juillet」(かとーず・じゅいえ=7月14日)と呼んでいるのだとか。 数多くの革命を体験してきた国:フランスで、 国民の祝日として特別視されているのはこの日付のみ。 これは、王政…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゲイ・プライド (Gay Pride)

2006年6月24日、パリでゲイ・プライドと呼ばれるパレードが行われたようです(^^) 毎年6月下旬頃に世界的な規模で行われるこのパレードは、同性愛者差別の撤廃や同性愛に関する理解や権利獲得のため行われているもの。 パリでは市が協賛する公式行事として行われているせいか 年々規模が大きくなっている模様。 今年はパレード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の日 (Fete des la Musique)

毎年6月21日の夏至の日、 フランスでは “音楽の日” と題して街中でいろいろな演奏が行われるのだとか。 今年(2006年)25周年を迎えたイベントで、既に毎年恒例の行事として定着しているようです。 パリでは広場だけでなく路上でも演奏が許可されているせいか、少し歩く度に出会う人だかり! ロック、クラシック、民族音楽・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活祭 (Paques)

2006年4月16日、今日は復活祭と呼ばれる、キリスト教最大の祝祭日♪ “復活祭” という言葉の響きが表すように、十字架で処刑されたイエス・キリストが蘇った奇蹟を記念する日。 別名:イースターとも呼ばれ、 この日を境に春の空気が色濃くなると言われています(^^) この写真は、2002年3月31日に撮った復活祭を祝う特設市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CPE撤廃、デモ終結へ。

CPEに関する一連の騒動をおさらいする記事です。 かなり長いのでご注意ください(^^;) 4/10、シラク大統領から「“初期雇用契約(CPE)”を含む雇用促進法を新しい雇用政策に置き換える」という声明が発表されました。 労働組合や学生連盟などのトップは この発表を “CPEの事実上撤回” とみなし今後予定していたデモ中止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の魚。 (Poisson d'Avril)

5月になりました!(ウソです) 今日はエイプリール・フール。 世間一般に、ちょっとしたウソを楽しむ日(?)ということで バレバレのウソをついてみました。 ごめんなさい(^^;) 今日から4月。 曇りがちな冬が終り、パリっ子たちの待ちに待った春の訪れ♪ 春のイメージということで、今回の写真はリュクサンブール公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CPE反対、全国的なストへと発展。

3/28、「初期雇用契約」(CPE)導入反対を掲げてフランス国内で全国的な抗議行動が行われました。 労働組合の発表では、参加者は全国で300万人超(!) これは、パリ市内を行進していたデモ隊の写真。 → 隊列を組んで約6kmほどの道のりをゆっくりと歩く人の波。 デモ行進の終点、レピュブリック広場(Pl. de la Re…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマータイム開始。

3/26午前2時から、2006年のサマータイムが始まりました。 この期間、日本とフランスの時差は7時間!(^^) サマータイムというのは日が伸びる夏に向けて、時計の針を一時間進めること。 サマータイムの実施期間は決められていて、 3月の最終日曜日深夜2時~10月の最終日曜日深夜3時(?)まで。 つまり、2006年3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス人は英語が嫌い?

ブリュッセルで開かれたEU首脳会議の席上で、フランス出身の産業界代表が英語で演説したことを不満として 同席していたシラク大統領が退席する事態が起こったそうです。 ことが起きたのは23日の夕方、 EU首脳と労使代表らの経済会合の席上のこと。 欧州産業連盟会長であるフランス人のセリエール氏が、 演説の途中でフランス語から英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CPEと連日のデモ。

「初期雇用契約」(=CPE)が可決されたフランスで、法案に反対する大規模デモがまだまだ続けられているようです。 ※関連記事はこちら。 ・3/8付:「ドピルバン首相の雇用促進(?)策。」 ・3/12付:「ソルボンヌ大学、占拠。」 3/16の昼に大規模なデモ行進が行われ、その日の夜に一部のデモ参加者が暴徒化。 18日には警…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

本の見本市 (Salon du Livre)

3月17日~22日まで、毎年恒例の 本の見本市が 行われています。 毎年違ったテーマが設けられるようで 今年のテーマは「francophonie」 (=ふらんこふぉにー)。 辞書で調べてみたところ、「フランス語圏」という意味なのだとか。 今までどんなテーマで開催されてきたのかはわからないけれど、 今年はどうや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダン・ブラウン氏、「ダ・ヴィンチ・コード」盗作疑惑否定。

「ダ・ヴィンチ・コード」文庫本発売。の記事でも少し触れたけれど、ダ・ヴィンチ・コードの話の骨となる“イエスの血脈”の発想をめぐって、イギリスで行われている盗作疑惑訴訟。 3/13に、ロンドンの高等裁判所で著者ダン・ブラウン氏が証人として法廷に立ったようです。 ここでの証言の内容はというと、 ①原告の著書「レンヌ=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソルボンヌ大学、占拠。

3/7から続く大規模なデモ。ことの始まりはドピルバン首相の雇用促進(?)策が原因。 内容的にかなり疑問の残る失業対策案をフランス議会が採択し、速やかに実行するという決定に反発し、フランス全土で抗議行動が続けられている模様。 パリのソルボンヌ大学では学生を始めとする数百人が警官隊と衝突したようで、 9日夜、大学前の様子を写した写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダ・ヴィンチ・コード」文庫本発売。

5月に全世界同時公開される「ダ・ヴィンチ・コード」(映画)を前に、日本語訳文庫版が本日から発売開始になりました。 もともとハードカバーで上下巻だったものなので、文庫化されるにあたって上中下巻の三部作となったようです。 文庫サイズであれば電車の中などでも読めるので、 既に一度読破したことのある方には オサライもかねてちょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年 秋・冬パリコレ。

2/28~3/8の8日間、2006年秋・冬パリコレクションが開催されました。 チュイルリー公園の特設会場で華やかに開幕し、最後はプティ・パレ美術館で大盛況のうちに閉幕したのだとか。 個人的にはあまりファッションに興味はないのだけれど、 写真で見た限りちょっと気になったものをいくつかご紹介♪ まずはジャン・ポー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドピルバン首相の雇用促進(?)策。

ドビルパン首相が掲げている雇用促進策に反対し、3/7、フランス各地で学生や労働者が大規模デモを行いました。 参加者数なんと、計39万6000人! なぜこんなにも大規模なデモへと発展したのかというと “本当に雇用促進策?”というような内容が盛り込まれているためなのだとか。 問題とされているのは “人材を採用してから2年以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥インフルエンザの影響。

フランスで確認され 依然として猛威を振るっている鳥インフルエンザ。 農林水産省は、2/24付で鶏やアヒルなど鳥肉関連の輸入を一時停止すると発表しました。 日本が輸入停止対象としてあげたものの中にはフォアグラ(鴨やガチョウの肝臓を肥大させた高級食材)も含まれており、 肉・内臓だけでなく、缶詰などの食肉加工品までも(!)が輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの一般道、時速30km制限に?

2001年にパリ市長として就任したドラノエ氏は、大渋滞する市の現状を打破するため様々な政策を打ち立てている人物。 「公共交通機関の利用推進: 自転車で走れる街づくり」 という基本政策のもと、 バスレーンや自転車道の設置を着々と進めています。 そのドラノエ市長を頂上に頂くパリ市議会が、2/27、市内一般道の制限速度を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルディ・グラ (Mardi Gras)

2006年2月28日。 今日はマルディ・グラと呼ばれる日なのだとか。 ※日にちは年ごとに変動あり。 直訳すると 「Mardi」=火曜日、「Gras」=太った という意味になるのでいったい何がなんだか??(*_*) と思っていたら 「謝肉の火曜日」 と訳すのが正しいそうで、 “謝肉祭の最終日”を表す・・・と辞書に書いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・トゥール・ダルジャンの転落。

フランスのレストランガイド:『ミシュラン』の2006年度版が2月22日付で発表されました。 それによると、 高級レストラン 最老舗と言われる 「ラ・トゥール・ダルジャン (La Tour d'Argent)」 の 評価が一ツ星まで転落したのだとか(!) 1995年まで最高位の三ツ星を獲得し続け、 1996年から二ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more