テーマ:サン・マルタン運河

サン・マルタン運河を旅しよう!(5)

運河を進みながらマイナスイオンを身体一杯に浴びて、間違いなくパリ市内だけれどちょっと雰囲気の違う風景で目を楽しませつつ、開閉式水路や可動式道路などの大掛かりな仕組みに感嘆する・・・。 水路が閉じるごとに船を綱で停留させてくれる係員さんの手際に感心したり、 観光案内にもなっている船内アナウンスで歴史や風景の勉強をしたり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・マルタン運河を旅しよう!(4)

何キロにもわたって続く運河。人は太鼓橋から行き来が出来るけれど、車はどうしているのかな?と思いきや。 その謎を解く場面に早速遭遇♪ さすがに“車用の太鼓橋”というわけにはいかなかったようで、運河にはいくつか車道もかけられていました。 てっきり地下水路になっているところまで迂回しないとだめなのかと 思っていたら、さすがにそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・マルタン運河を旅しよう!(3)

船が進む水門の仕組みを理解したところで、今度はサン・マルタン運河の景色を堪能しようと思います♪ 運河には船の行き来を妨げないためか、太鼓橋状の歩道橋がいくつかかけられているのが見えます。 中には100年以上も前から架かっているものもあるのだとか。 毎年パリ市がペンキを塗り替えて、現在でも大事に使われています(^^) 船か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・マルタン運河を旅しよう!(2)

船が適度なエンジン音を響かせて動き始めたら、いよいよ運河クルーズの始まりです(^^) どんな風景が待っているんだろう! 楽しみ楽しみ♪ と思っていると、 なぜか突然真っ暗なトンネルへ。 何事??と思っていたところ、ラルセナル港から出発した場合 バスティーユ広場から北の約1.8kmが地下水路になっているのだとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・マルタン運河を旅しよう!(1)

それでは実際に、サン・マルタン運河でクルーズを体験してみましょう♪ 季節は春まだ浅い頃、日曜の午前中に出かけてみました。今回利用したのはカノラマ社。 船はもちろん一階にも座席があるけれど、風景を楽しみたい!という方は2階のオープンテラスへどうぞ。 ちなみにこのオープンテラス、 夏はなんの問題もないけれど、春浅い頃や秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・マルタン運河 (Canal St. Martin)

パリ北東を流れるサン・マルタン運河近辺は、下町叙情を感じられる場所として人気の界隈。 運河の両脇に続くマロニエの並木。 船が通るたびに水門が閉じられ、水位を変化させることで少しずつ進む船。 船の往来を邪魔しないように造られた半円状の太鼓橋や 運河脇を散歩する人、釣りを楽しむ人、行き交う船を見る親子。 景色がかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more