テーマ:ラ・ヴィレット

ラ・ヴィレットを歩こう!(2)

ジェオードから少し東側を見ると、目に飛び込んでくるのがこれ。潜水艦アルゴノート。 ここに展示されているのは1950年代の通常動力型で、中の見学も可能なのだとか。 普段なかなか見ることのできない潜水艦の外観はもちろん、 内部のつくりも詳細部分まで見て回ることが出来るようです。 船や軍事関連に興味を持っている方や、 むき出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ヴィレットを歩こう!(1)

ラ・ヴィレットの中で一際目を奪われる建物がこれ、 ジェオードと呼ばれる銀色の球体。 ラ・ヴィレットというとこの球体を思い浮かべるほどなので、ただの目印的建築なのかと思いきや。 実はこれ、 内側は上下左右に広がる半球形のスクリーンを持つ ドーム型映画館になっています。 半球形というスクリーンのため、 ここのプログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ヴィレット (La Villette)

パリ北東、55haという敷地を持つ ラ・ヴィレットは、 ミッテラン大統領の 「グラン・プロジェ(パリ大改造計画)」に基づき再開発された場所だとか。 この場所は当初、1860年代の終り頃から食肉市場として賑わいを見せていたものの1890年代に市場が解体。 食肉市場ということでかつては屠殺場などもあったと聞くけれど、 現在は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more