テーマ:サン・ジェルマン・デ・プレ教会

サン・ジェルマン・デ・プレ教会を眺めよう!(4)

教会内部を堪能したら、 最後は再び外に出てみることにしましょう(^^) 教会の前はサン・ジェルマン・デ・プレ広場としてちょっとした空間が広がり、教会の周囲は植樹された木々の緑が気持ちの良い場所♪ この近くにピカソが作った彫刻が置かれているという噂を聞いて、 教会を囲む小庭園に向かって歩き始めたときのこと。 正面向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・ジェルマン・デ・プレ教会を眺めよう!(3)

正面左手の側廊を歩いていた時、有名人(?)に出会いました。 Q:この彫刻は一体誰でしょう? この写真だけ見て誰だかわかった人は、 相当スゴイ! A:聖フランシスコ・ザビエル。 日本史の勉強で「1549年:以後良く伝えるキリスト教」と語呂あわせで覚えた人も多いのでは? いわずと知れた、日本やアジア一帯にキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・ジェルマン・デ・プレ教会を眺めよう!(2)

内部の構造を眺めたら、 今度は実際に内部を歩いてみることにしましょう(^^) これは、教会後陣:聖ジュヌヴィエーヴ礼拝堂にあるステンドグラス。 13世紀の聖母マリア礼拝堂にあったものの一部で、その当時から破損されることもなく残った 唯一のオリジナルなのだとか。 写真が遠めなこととちょっとぶれている(ごめんなさい・・・)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・ジェルマン・デ・プレ教会を眺めよう!(1)

それでは、実際に教会の中に入って見ましょう(^^) 入った瞬間に感じる、ちょっとした違和感。 外観はロマネスク様式だったのに中はゴシック様式のような?? それもそのはず、ここサン・ジェルマン・デ・プレ教会は度重なる損壊と修復を繰り返した建物。 造られたときにはロマネスク様式最盛期だったけれど、修復された時期はゴシック様式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・ジェルマン・デ・プレ教会 (St. Germain des Pres)

パリ最古のロマネスク様式の教会。起源は542年まで遡り、もともとはスペインから持ち帰った聖遺物を納める為に造られた修道院が前身。 その当時のパリ司教は聖ジェルマンで、一面野原だった場所に建設が始められたことからサン・ジェルマン・デ・プレ(野原の聖ジェルマン)という名がつけられたようです。 名前のもとになった聖ジェルマン司教は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more