テーマ:凱旋門

エトワールの凱旋門。

エトワール(星状、放射線状の)凱旋門、という言葉が文字通りに感じられる写真が撮れたのでご覧下さい♪ 凱旋門を中心に、大通りが放射線を描いているのがわかるでしょうか? ※画像はクリックすると大きくなります。 大通りの数は全部で12本。でも、角度の関係で全部はわからないかも(^^;) ちなみにこれは、エッフェル塔から凱旋門を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(7)

凱旋門からの夜景を十分楽しんだら、 最後に凱旋門自身の夜景を楽しむ為展望台からおりていきましょう(^^) 登ってきた時同様、螺旋階段をひたすら50m分ぐるぐる回りながら地上へ。 遮る物がなにもないふきっさらしの展望台は、夜ともなるとかなり寒いのでご注意を。 その点帰りの階段は体が温まっていいかも(?) シャンゼリゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(6)

シャンゼリゼ大通りを見つけることができたら、そのまま通りを辿るように視線を遠くに向けて行くと・・・ 途中、鉛筆のように聳え立つのがオベリスク。 オベリスクが立っている場所が コンコルド広場で、 さらに先に進むと カルーゼル凱旋門があります。 通りのしめくくりとなる最奥にはルーヴル美術館が両腕を広げています。 今度は反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(5)

展示室から少しだけ階段を登ると、地上50mの展望台。 50mというとそんなに高い気はしないけれど、パリにはあまり高い建物がなく、凱旋門を中心に12本の大通りが放射線状に伸びているので遠くまで見渡せます。当然、抜群の景色! 案内板もあるので自分が見ている方向に何があるのかも確認できて便利(^^) ちなみに、これはエッフェル塔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(4)

もう少し展示室を詳しく見てみると、月桂樹の葉?に三色旗を掲げた一角が。 → 軍の栄光を讃えた建築物というだけあって、パリが辿った戦いの歴史展示も見ることが出来ます。 写真左隅に写っているのは、 シャンゼリゼから見て右側の彫刻「1792年の義勇兵の出陣」= 通称「ラ・マルセイエーズ」と呼ばれる彫刻の女神像頭部。 ※画像は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(3)

地上の風景を楽しんだら、いざ展望台に向かいましょう(^^) 凱旋門はエレベーターがあるから楽々♪と思って向かうと、なぜか利用できないという事態。 ※体の不自由な方たちの専用エレベーターでした。 楽して登る気まんまんだったので階段のキツさもひとしお。 それでも屋上展望台からの景色は素晴らしいハズ!と自分を奮い立たせて、 薄暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(2)

地上にあがったら、凱旋門の大きさを実感するために背中をえびぞりにして見上げてみましょう♪ 繊細な彫刻たちがかなりの迫力となって迎えてくれます。 門の天井装飾もじっくり見ることをお忘れなく!(^^)・・・写真撮ってくるの忘れたけど。 見上げる姿勢に疲れたら、視点は自然と地上に戻ってきます。 そこで目に入るのが花に囲まれた無名戦士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門に登ろう!(1)

車どおりの激しい地上から近づくのは難しいので、専用地下通路から凱旋門に入りましょう。入り口の目印はコレ。 → ちなみに「Triomphe」(=とりよーんふ)という単語の意味は「大勝利・大成功」で、「Arc」(=あるく)の意味が「アーチ」。つまり、「大勝利のアーチ」=「凱旋門」。 ・・・管理人は知りませんでした(笑)。 地下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凱旋門 (Arc de Triomphe)

駅の地下通路をあがってくるなり、どどーん!と目の前に聳え立つ建物。それが、パリに5つある凱旋門の中で最も有名な エトワールの凱旋門。 エトワールというのは「星型の・放射状の」という意味で、 文字通りこの凱旋門を中心に大通りが放射状に伸びています。 実際、交通の要になっている通りが集中しているので車の交通量がものすごい。建物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more