テーマ:リュクサンブール公園

リュクサンブール公園を歩こう!(8)

東京ドーム5倍の広さを誇るリュクサンブール公園を上空から見てみました! モンパルナスタワーから撮った景色です♪(^^) 宮殿前の整備された泉と芝生部分が、 フランス式庭園。 木々が生い茂っているように見える外側部分がイギリス式庭園。 園内にある像などを探しながら大外近辺をおおざっぱに歩いたとして、 大体2~3km位の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(7)

園内を見学する時、大抵は小道に沿って歩くことになると思います。もちろん小道も綺麗だけれど、せっかくの大きな公園なので広さも味わうことにしましょう(^^) 八角形の池から、南側を向いて撮った写真がこれ。 → 果てしなく遠くまで道が続いているように見えるのは、 リュクサンブール公園の南側にカヴリエ・ド・ラ・サル庭園とマルコ・ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(6)

公園の南西部は、木々が自由に枝を伸ばすイギリス式庭園を見ることができます。 大まかな区別方法としては、 フランス式庭園=人工的。 イギリス式庭園=森林風。 もちろん、森林風と言っても管理の行き届いた公園内なので、足を踏み入れるのが怖い!ということは全くないのでご安心を(^^) イギリス式庭園を抜け出したところで、こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(5)

自由の女神からちょっと南に歩いたところに、ペタンクのコートがあります。 人の気配がするのでどれどれ?と覗きに行ってみると・・・ 平日なのにやっぱり今日も試合してる!(^^;) しかもなかなかの盛況っぷり。 どうやらこの場所は、A.S.J.Lというチーム(?)のコートのようで、 “Reserve(=れぜるヴぇ。※専用!)”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(4)

園内のちょうど西にあたる部分、少し小道に入ったところでこんなものを見つけました! → 見ての通り、自由の女神。 ニューヨークにあるのと同じ・・・ と言うにはちょっと小さい?? 実は、これはニューヨークにあるものの原像なんだとか。 ニューヨークにある自由の女神は アメリカの独立100周年を記念してフランスがプレゼン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(3)

園内北西に位置するドラクロワの記念碑を見終えたら、 今度は公園西の方へ向かって歩いていきます。 この辺りはあまり彫刻がないんだな~と思いながら散歩をしていると、開放的な空間に横たわる巨人の影が! 彫刻を作った人の名前も作品自体の名前もわからなかったので、 緑の巨人(そのまんま・笑)と勝手に呼んでいます。 写真を撮っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(2)

泉の見学が終わったら、次はリュクサンブール宮の前を通りすぎて歩きます。中には入れないけれど、せっかくなので近くから眺めてみるのも忘れずに(^^) 現在はフランス国会上院として利用されているせいか、脇のほうには警備兵(?)の方がいます。 変な行動を取ったら捕まるので気をつけて!(^^;) 宮殿前を通り過ぎて少し歩くと、 ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園を歩こう!(1)

せっかくなので、公園内を見学してみましょう! 園内はとても広いので飲み水は忘れずに(^^) 当然のことながら、 自動販売機などはありません。 お昼時なら公園入口近辺でバゲットサンドを買って行くとか、お昼時でなければちょっとしたお菓子を持っていくとか。気分はすっかり遠足モード! ちょっぴり童心に返ってみたり(^^*) おやつは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュクサンブール公園 (Jardin du Luxembourg)

チュイルリー公園に引き続き、こちらも“公園”というよりは“庭園”といった趣の場所、リュクサンブール公園。 それもそのはず、 もともとはマリー・ド・メディシス王妃が宮殿として使っていた リュクサンブール宮の庭が基盤となり、 拡大され続けた結果今の形になったようです。 現在の広さは、約23万㎡。(東京ドーム約5倍の広さ!) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more