テーマ:アラブ世界研究所

アラブ世界研究所を眺めよう!(3)

建物の中を堪能したら、最後は屋上へどうぞ(^^) 館内はちょっと暗かったので、屋上に出た瞬間は少しまぶしく感じるかも? 屋上は自由に出ることが出来るセーヌ川沿いの展望台。建物自体は高さがないけれど、視界が開けているのでいい景色! ここからの眺めはこんな感じ♪ ↑ 画面中央に写っているのはトゥールネル橋(=Pont de l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ世界研究所を眺めよう!(2)

外側の景観を堪能したら、今度は内側から開閉式パネルを眺めてみましょう(^^) 実は外側から見るよりも中から見たほうが綺麗だということに気付くはず! 開閉式パネルは遮光カーテンのような役割も果たしているので、足を踏み入れた瞬間は “暗い?” という印象。 でもその思いも、パネルの近くまで来ればきっと吹き飛ぶはず♪ 裏側から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ世界研究所を眺めよう!(1)

まずは建物を外側から眺めて見ましょう♪(^^) 建物入口がある南面を覆っているのは、光の強弱によって開閉する金属パネル240枚。 一枚の大きさは2m弱もあるかなり大きなもの。 設計したジャン・ヌーヴェルという建築家(※汐留にある電通本社ビルを設計した人。 公式サイトはこちら。)は、光とガラスを材料に空間に違和感のない建物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ世界研究所 (Institut de Monde Arabe)

サン・ルイ島近くのセーヌ川脇に、ガラスと金属パネルで覆われた不思議な建物があります。 これが、アラブ世界研究所。 → アラブ諸国とフランスの、相互理解と文化交流の為に作られたという施設。 建物南一面に張られた金属パネルは 光を感知して自動的に開閉するブラインドの役割をしているんだとか。 ところどころ穴が開いたようになっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more