バスに乗ろう!(1)

画像それでは、いよいよバスに乗ってみる
ことにしましょう!

市バスに乗る場合
分かりやすいのは
この屋根付き停留所タイプ。
広い通り沿いを歩くと頻繁にみつかるものなので、まずは手近な停留所へ。

ここで確認することは、写真右上部の屋根にかかれた路線番号。
ここは21番線と27番線の停留所だということがわかります(^^)

目的のバス停だった場合には、
車道に面する屋根に掲げられた青い看板に注目を。 光っちゃって見づらいけど・・・(^^;)
これが、この停留所名
ベンチで座って待つもよし、この男性のように立ったまま待つもよし。
もちろん、たくさんの人が待っていて屋根の下に入れない・・・というときは
停留所の近くに立っていればOKです♪

ちなみにパリの車道は基本的には右側通行。 ※一部バスレーンは左側通行もあり
日本と同じ感覚のままで居ると目的地の反対路線で待ってしまうこともしばしば。

バスがどちら側から来るのかは、停留所に貼られた広告の位置で確認を。
写真奥には広告が貼られていて、手前側は透明な板。
これは運転手さんが乗客の有無を確認しやすいようにだと思われます(^^) 多分。


画像次に、バスの待ち時間で少し停留所内を眺めてみることにしましょう♪

まず目に留まったのがコチラ。これはバスの停留所名が書かれた路線図

オレンジ色で塗りつぶされているのが現在の停留所。
路線図最上部から右側に引っ張られた赤い線は、
このバスがこの先どの方向に進むかという表示。

自分の降りる停留所が決まっている!という方は
この路線図で確認しておいたほうがいいかも??
もし赤い線が引かれていない方向に行く場合は反対車線の停留所を探してくださいね(^^)

もう一つ重要なのが地図の下に書かれた「TARIF:1billet」という文字で、
これは切符1枚で終点の停留所までいけるということ。

路線によってはパリ市を飛び出して郊外まで行くバスあるので、
場合によっては切符1枚では足りないことも・・・。
パリ市内の移動には1枚で済む場合がほとんどだけれど、念のためご注意ください(^^;)


画像もう一つ便利なのが、この表示板。

バスの終点名と
そのバスが後何分で到着するかという情報なので、見つけたら確認しておくのがオススメ!

まだまだ対応していない路線もあるけれど、
利用者の多い路線には割と設置されているようです。
これに時間が表示されていれば、急なストなどの心配も無く安心して待つことができますね♪

この電光表示板によると、バス到着まであと8分。
あとはひたすらバスが来るのを待つことにしましょう!(^^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック