カー・ルージュに乗ろう!(5)

画像セーヌ沿いに走っていたバスは北へと進路を変えて、
開放的な空間に
やってきました!

縦型信号の下にも表示が出ているけれど、ここはパリ市内でも最も大きく有名なコンコルド広場です(^^)

管理人の勝手な思い込みかもしれないけれど、多くの方は凱旋門を始点に
シャンゼリゼ大通りを散歩してコンコルド広場にたどり着く・・・と想像。

西から東へ向かってきたときのイメージが強いせいか、
南から北へと向かうこの進路はなんだか新鮮! ・・・そうでもないのかな?(^^;)


画像コンコルド広場といえば、観光のメインは左手前方に見えるオベリスク

かなり大きなもののため、近寄ると台座部分しかみえないこともしばしば。

カー・ルージュの
二階部分で観光
している場合、
視点が高くなるので普段は眺めづらい場所も確認できるのでお得♪


画像コンコルド広場ではオベリスクだけをゆっくり眺めているわけにいきません!

右手を見ればそこにあるのは季節限定の観覧車
その奥にはチュイルリー公園ルーヴル美術館正面。

カー・ルージュが
ルーヴル正面を通るのはこの瞬間だけ(※ルーヴル最寄停留所はセーヌ川沿いにあるため)
なので、観覧車がないオフ・シーズンの方が眺めはいいのかも・・・(^^;)


画像コンコルド広場
遠くまで見渡しが
いいので、できればゆっくりと眺めたいところ。

けれど、この付近に停留所はないので渋滞に巻き込まれない限りバスはどんどん先へと進んでいきます(笑)

そうこうしているうちに、“あれ、またブルボン宮に戻ってきちゃった??”
・・・とも思える風景が見え始めました。
正面に見えているギリシャ神殿風の建物はマドレーヌ寺院

ブルボン宮マドレーヌ寺院オベリスクを挟んで南北対称の配置。
そして、オベリスクを挟んだ東西には凱旋門カルーゼル凱旋門が対象に配置。
コンコルド広場はパリの都市計画の美しさを感じるのに最適なのです!

実は、この付近では渋滞で通行が遅れることもしばしば。
できれば “ゆっくり観光できて逆にラッキーだったのかも!” ぐらいに考えて、
引き続きのんびり周遊を楽しんで行くことにしましょう♪(^^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック