テーマ:街角のアーティスト。

動く像、レベルアップ?

サクレクール寺院を目指して フニクレールの前についた時、 このアーティストに出会いました。 う~ん、 なんだかどこかで見たような・・・? 記憶を辿ってみること数分、 2005年にパリを訪れた時サクレクール寺院横で同じような石膏像アーティストに出会ったことを思い出しました! 輪郭からして別の人のようだけれど、サク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やおやさんもアーティスト。

ムフタール通りでやおやさんを覗いていたとき、とっても素敵なアートに出会いました!(^^*) 真っ赤に完熟した イチゴの山。 LOVEの文字と、ハートの形がとってもキュート♪ やおやさんの店先は、どこもディスプレイの仕方がおしゃれでかわいい。 トマトが螺旋状に飾ってあったり、オレンジがピラミッド状に積んであったり、 緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煉瓦のキャンバス。

モンマルトルを歩いているとき、 こんなものを発見しました(^^) テルトル広場を少し脇に入った場所。煉瓦の壁に描かれた路上アートのひとつ。 ※写真。 レンガのデコボコの上に描くなんて、大変だったのでは・・・(^^;) パリでは路上アーティストの作品を見かける機会がかなり多いせいか、正直なところばっちり印象に残ることはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこか懐かしい音色。

個人的に、これを聴くとパリに来たんだなぁ・・・と感じる音があります。 それは、手回しオルガンの空気を含んだ音色(^^) たまにスカスカ言うのがまた愛おしい♪(笑) なんとなくサーカスや遊園地のような心をわくわくさせる響きが、パリの街にすごく良く似合う。 晴れた日は特に、 オルガンの音が空気に溶け込むように周りに広がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手抜き・・・?

寒風吹きすさぶ2月末、 あまりの寒さに急ぎ足で歩いていると、橋の上に人の集まっている一角を発見。 野次馬根性丸出しで ツツツ、と近寄って見ると・・・ ノートルダム前に、エジプトからファラオ(王)ご降臨!(?) 顔は金箔塗りの化粧かと思いきや、どうやらマスクになっている模様。 自分で作ったのかな~、 すごい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧友との再会(?)

セーヌ河畔を歩いていた時、懐かしい顔に出会いました。 その人の名は・・・ インベーダー君! 管理人も微妙にリアルタイム世代ではないけど、 日本のゲームで見慣れたその姿に、 しばし釘付け。 植え込みの石に こっそり隠れるようなインベーダー君は 宣伝というには目立たない位置だし、装飾というにはシンプルすぎる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相撲と芸術。

パリは芸術の街でもあるため、画廊がたくさんあります。これは画廊の表に貼ってあった告知。 → 内容は、 ギャラリーARTIMUSプレゼンツ FASNIBAY (※個人名か、アートの集団名だと思う)  “身体~その表現~” 展覧会 2002年4月16日~29日まで スペース:リヴ・ゴーシュにて。 ・・・大雑把に訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く像。

サクレクール寺院の横を歩いていたとき、このアーティストに出会いました。白い衣装に白塗りの顔。 パリの街で割とよく見かける彼らのことを、私は“石膏像アーティスト”と呼んでいます(^^) 彼らは基本的に目を閉じて(開いていると石膏っぽくなくなるので)、寸分たりとも動かず息をしているのかどうかもわからないほど。 例えて言うならばドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more